薬膳:食品の薬膳的はたらき・さ~と

さくらんぼ

温性。甘味。帰脾・胃・肝・腎経。
エネルギーを益す。胃を温めて消化器系を調える。外界から受けた風の影響や湿気を除く。発汗を促してできらない麻疹等を出させる。
注意:多食するともどすことがあるので注意する。

ざくろ

温性。甘・酸・渋味。帰脾・胃・大腸・腎経。
体液成分を生み、渇きを止める。収斂して、下痢・不正出血・おりものを止める。
注意:多食すると、痰を生んで肺のバランスを崩したり、歯が黒くなってもろくなったりする。

温性。甘・苦・辛味。帰心・肝・肺・胃経。
温めて経絡の通りをよくし、血液やエネルギーの巡りを促進する。寒さを散らし、筋肉の緊張をほぐして、痛みを抑える。生薬を必要な所に作用させて効果を高める。
注意:大量あるいは空腹時の飲酒には注意する。血液不足、体液不足でほてる場合、湿気や熱が蓄積している場合、神経系疾患、精神疾患、高血圧、動脈硬化、肝炎、肝硬変、糖尿病、妊婦は摂っていけない。

ささげ

平性。甘味。帰脾・胃・腎経。
脾胃を建て直し、エネルギーを益す。腎を補て体液成分を滋す。水分代謝を促進して尿の出をよくする。

さつまいも

平性。甘味。帰脾・胃・大腸経。
消化器系を補う。体液成分を生み、渇きを抑える。大腸を通し、大便の排泄を促す。
注意:胃腸が脹っている時は悪化するので控える。

さといも

平性。甘・辛味。帰胃・大腸経。
胃を益し、腸を整えて、便通をよくする。解毒し、できものや脹れを抑える。少量を継続的に摂れば消化器系・肝・腎を補い、エネルギー不足や血液不足を改善する。
注意:薬用で用いる場合を除き、生食不可。一度に大量に摂ると、お腹が脹ったり、胃痛を起こすので注意する。特にもともと胃腸の脹りや消化器系の冷えがある場合は、摂りすぎないよう注意する。湿熱のある場合は摂っては行けない。

さとうきび

寒性。甘味。帰肺・胃経。
余分な熱を冷まし、体液成分を生んで潤す。消化器系を調えて脾を助ける。できらない発疹や蕁麻疹を出して治す。
注意:消化器系が冷えている場合や、胃腸が脹って軟便や下痢の場合、痰の多い咳のある場合は控える。

さんざし

微温性。酸・甘味。帰脾・胃・肝経。
肉類の消化を助ける。血行を促進する。現在医学的には、高血圧、心臓疾患、高脂血症にもよいとされる。
注意:多食すると空腹になりやすく、胸焼けを起こしたり、歯を傷めるので注意する。空腹時、消化不良のない場合、胃腸虚弱、歯に不調のある時は摂ってはいけない。

山東はくさい

平性。甘味。
胃を養って、胃の熱による口の乾きや食欲不振を改善する。排尿促進。

しいたけ

偏凉~平性。甘味。帰脾・胃・肺経。
脾を補ってエネルギーを益す。胃のはたらきを調えて食欲増進する。ある種のできものを抑制する。できらない発疹や蕁麻疹を出して治す。脂質代謝を促進する。カルシウムの吸収を促進する。

寒性。鹹味。帰胃・腎・肝・大腸・小腸経。
体の余分な熱や血液の熱を冷ます。痰などの病理産物や未消化物が、胸部に滞ったのを吐かせる。胃を調えて、肌や骨を強固にする。腎に薬物を誘導する。調味。
注意:摂りすぎないよう注意する。むくみや水分代謝異常のある場合は摂ってはいけない。高血圧、慢性の咳や呼吸器疾患の場合は控える。

鹿肉

温性。甘味。帰脾・胃・腎経。
五臓を補う。血液を補って血行を促進する。乳汁分泌促進。

しじみ

寒性。鹹・甘味。帰胃・肝・腎経。
熱を冷まして水分代謝を促進し、解毒する。
注意:腎のエネルギー不足で遺精やおりもののある場合、摂ってはいけない。

しそ(大葉)

温性。辛味。帰肺・脾経。
外部から受けた風邪た寒さの邪気を散らす。消化器系のはたらきをよくして、膨満感や吐き気を緩和する。かにの食べ過ぎによる腹痛・下痢・吐き気などを緩和する。

しその茎

微温性。辛・甘味。帰肺・脾・胃経。
消化器系の蠕動運動をよくする。ある種の流産を抑える。
注意:原因の違う流産には逆効果なので、専門知識のない場合、妊婦は食べないようにする。

シナモン

熱性。辛・甘味。帰肺・脾・胃経。
熱エネルギーを補う。寒さを散らして、冷えによる痛みを止める。温めて経絡の通りをよくする。
注意:潤い不足でほてりやのぼせがある場合、暑がり、血液に熱があって出血傾向の場合、妊娠中は摂ってはいけない。

芝えび

温性。甘味。帰肝・腎経。
腎を補って熱エネルギーを壮んにする。母乳の出をよくする。丹毒やある種の炎症・できものを解毒して治す。
注意:えびアレルギー、潤い不足でほてりやのぼせがある場合、できもの、皮膚疾患のある場合は摂ってはいけない。

じゃがいも

平性。甘味。帰脾・胃・大腸経。
エネルギーを益し、脾を建て直す。消化器系を補って血液を作りやすくする。胃腸のはたらきを調えて便通を促す。小児の水痘やおたふく風邪の解毒を助ける。
注意:腐ったものは摂ってはいけない。また発芽したり、緑色に変色したものは、ソラニンによる食中毒の原因になるので摂ってはいけない。

しゅんぎく

平性。辛・甘味。帰脾・胃経。
脾胃を調和して、消化器系の調子を調えたり、尿の出をよくする。痰を代謝し、咳を止める。

しょうが

微温性。辛味。帰肺・脾経。
外部から受けた風邪や寒さの邪気を散らす。消化器系を温めて、吐き気を止める。肺を温めて、咳を止める。
注意:もともと暑がりやほてりのある場合は、大量あるいは長期にわたって食べてはいけない。

しょうがの皮

凉性。辛味。
水分代謝を促進し、むくみを取る。

しょうゆ

寒性。鹹味。帰脾・胃・腎経。
熱を冷まして解毒する。

食用ひょうたん

平性。甘・淡味。帰肺・脾・腎経。
肺の熱を冷まして、肺を潤し、咳を止める。排尿を促進して泌尿器系の炎症を抑える。
注意:消化器系が冷えている場合は摂ってはいけない。

白瓜

寒性。甘味。帰腸・胃経。
排尿促進。熱毒を解す。
注意:消化器系が冷えている場合は摂ってはいけない。

白きくらげ

平性。甘味。帰肺・胃・腎経。
体液成分を補い、肺を潤す。消化液など胃の潤いを益す。
注意:緩やかにはたらくので、長期に渡り少しずつ摂ると効果的である。またはたらきが緩慢なため、消化器系の強くない老人や子供にもよい。

温性。酸・苦味。帰肝・胃経。
血行促進。止血。解毒。ある種の蛔虫による腹痛を止める。食欲増進。消化を助ける。調味。
注意:摂りすぎると筋肉や歯を損傷する。消化器系が虚弱で水分代謝が悪い場合、風邪など感染症の初期、潰瘍性疾患の場合は摂ってはいけいない。銅製の調理器具や食器を使用してはいけない。

すいか

寒性。甘味。帰心・胃・膀胱経。
余分な熱を冷ます。暑気払い。ほてりを除き、渇きを止める。体液成分を生む。排尿促進。
注意:冷やす性質があるので、多食すると、冷えたり、冷えによる水分代謝の低下を招くので注意する。消化器系が冷えている場合や水分代謝が低下している場合は控える。

すいかの種

平性。甘味。帰肺・胃経。
余分なを冷まして便通をよくする。消化器系を調え、渇きを止める。

すずき

平性。甘味。帰脾・胃・肝・腎経。
消化器系を補う。消化器系を調え、水分代謝をよくする。肝腎を補い、胎児を安定させる。

すずめ肉

温性。甘・鹹味。帰腎・肝・脾経。
腎の熱エネルギーを補い、生命エネルギーを益す。足腰を温める。頻尿を改善する。
注意:体液不足でほてりがある場合は摂ってはいけない。

スターフルーツ

寒性。甘・酸味。帰脾・胃・肺・膀胱経。
余分な熱を冷まして解毒する。体液成分を生み、渇きを止める。排尿を促進し、泌尿器の炎症を抑える。
注意:体を冷やすので、消化器系が冷えている場合や、食欲不振で軟便や下痢の場合は控える。

すっぽん

平性。甘味。帰肝・腎経。
体液成分を滋い、血液の熱を冷ます。滋養強壮。
注意:滋養するはたらきが強いので、多食すると消化吸収の妨げとなるので注意する。水分代謝が低下している場合は控える。妊婦や消化器系に冷えがある場合は摂っては胃いけない。ヒユと一緒摂ってはいけない

砂肝

平性。甘・味。帰脾・胃・小腸・膀胱経。
消化器系のはたらきをよくして消化を助ける。が漏れ出るのを防ぎ、排尿異常、精液の漏れ、体力低下によるおりものを止める。

すべりひゆ

寒性。酸味。帰大腸・肝経。
余分な熱を冷まして解毒する。血液の熱を冷まして止血する。
注意:消化器系が冷えている場合、下痢や軟便のある場合は摂ってはいけない。

すもも

平性。甘・酸味。帰肝・胃・腎経。
肝を冷まし、熱を除く。体液成分を生み、渇きを止める。体液成分を補うことにより、血行や水分代謝を促進する。
注意:多食は脾胃や歯を損傷するので注意する。

ゼラチン

平性。甘味。帰肺・肝・腎経。
血液を補う。止血。体液成分を補い、肺を潤す。

セロリ

凉性。甘・苦味。帰肺・肝・胃経。
イライラや興奮を抑える。熱を冷まして水分代謝をよくする。外界から受けた体内で起こる風を受けたような症状を抑える。
注意:消化器が虚弱な場合や水様便の下痢をしている場合は食べ過ぎない。

センマイ

平性。甘味。帰脾・胃経。
消化器系を補い、胃腸虚弱や消化不良を改善する。

そば

凉性。甘味。帰脾・胃・大腸経。
消化器系を調え、余分な湿気を除く。消化不良を改善し、胃腸の滞りを除く。余分な熱を冷まし、水分代謝を促進する。
注意:そばアレルギーがある場合は摂ってはいけない。胃腸が冷えている場合は摂ってはいけない。多食は冷えによる消化不良を招き、めまいなどの原因になるので注意する。

そら豆

平性。甘味。帰脾・胃経。
消化器系を補う。余分な熱と湿気を排出させる。
注意:食べ過ぎるとお腹が脹ることがある。胃腸が冷えている人や、そのような場合には、そら豆だけを食べると冷えがひどくなる場合がある。

だいこん

生食は凉性、加熱では平~温性。辛・甘味。帰肺・脾・胃経。
熱を冷まして体液成分を生み、渇きを抑える。血液の熱を冷まして止血する。解毒。消化を助け痰を代謝する。胃のはたらきを促進し、吐き気やげっぷを抑える。
注意:胃腸の冷えている時は生食してはいけない。人参・紅参・竹節人参・毛人参・太子参・党参・田七人参・シベリア人参・西洋人参などの薬用人参の効果を減弱させるので、これらを服用中は摂ってはいけない

だいず

生食は平~温性、炒ると熱性。辛・甘味。帰脾・胃・大腸経。
脾を補ってエネルギーを益す。消化器系を調える。血液を養う。潤して水分代謝を促進する。ある種のできものの解毒をする。
注意:多食すると、消化不良、お腹の脹り、口の乾燥、便秘になる場合があるので注意する。特に炒ったものは気を付ける。

だいず油

温性。辛・甘味。帰大腸経。
滋し養う。腸を潤して便通をよくする。駆虫。

だいずもやし

温性。生は寒性、干したものは平性。甘味。帰脾・胃・大腸・膀胱経。
水分代謝促進。暑気払い。経脉を通す。皮膚を潤して調える。

だいだい

凉性。甘・酸味。帰肺・脾経。
代謝を促進して胃を調え、胃腸のはたらきををよくする。体液成分を生み、渇きを抑える。肺を潤す。痰を代謝して咳を止める。

たけのこ

寒性。甘味。帰肺・胃経。
熱を冷まして痰を代謝する。熱や湿気による消化不良を抑える。解毒。できらない発疹や蕁麻疹を出して治す。胃腸のはたらきを調え、腹の脹りを緩和し、大小便の出をよくする。
注意:胃腸の冷えている時は食べてはいけない。

たちうお

平~温性。甘・鹹味。帰肝・脾・胃経。
五臓を補う。消化器系を整える。脾を補い気を益す。肝を養い血液を補う。皮膚を潤す。乳汁分泌を促進する。
注意:太刀魚アレルギー、皮膚疾患、めまい、ふるえ、麻痺のある場合は食べてはいけない。

たにし

寒~凉性。甘・鹹味。帰膀胱・脾・胃・大腸・肝経。
余分な熱を冷まして渇きを止める。水分代謝を促進して排尿を促進し、泌尿器の炎症を抑える。
注意:多食すると胃が冷えるので、胃腸が冷えている場合は摂ってはいけない。

たまねぎ

温性。辛味。帰脾・胃経。
代謝を促進して、胃のはたらきをよくする。消化を促進して、食欲を増進する。
注意:食べ過ぎるとかすみ目や発熱する場合がある。温めて代謝を促進するため、発熱性の疾患の後は食べないようにする。

緑茶・白茶は凉性、青茶・黄茶・紅茶・黒茶は温性。苦・甘味。帰心・肺・脾・胃経。
頭や目をすっきりさせる。熱を冷ましてほてりや渇きを除く。痰を代謝する。消化を助けて胃腸の蠕動運動をよくする。排尿促進。水分代謝低下による下痢を止める。口臭予防。
注意:濃く抽出した茶液や大量の茶液や茶葉を摂ると、眠れない、動悸、頭痛、耳鳴り、目の前がチカチカするなどの症状が出る場合があるので注意する。空腹時、発熱時、便秘がある場合は濃い茶を摂ってはいけない。不眠症、妊娠中、授乳中は摂ってはいけない。人参・紅参・党参・毛人参・太子参・田七人参・シベリア人参・西洋人参などの薬用人参を茶で服用してはいけない。

中華ハム

平性。鹹・甘味。
脾を建て直して胃を開く。精を生み、血液を益す。
注意:風邪や感染症が完治してない場合、熱証状を伴う水分代謝低下、消化不良、脹りや膨満感、閉塞感のある場合は摂ってはいけない。

ちょうざめ

平性。甘味。帰肺・心包経。
エネルギーを益して不足を補う。血行促進により利尿促進。

ちんげんさい

凉性。辛味。帰肝・脾経。
血液の熱を冷まして血行を促進する。丹毒や炎症性のできものの熱を冷ましたり、解毒するのを助ける。

陳皮

温性。辛・苦味。帰脾・肺経。
エネルギーの巡りをよくする。消化器系を調える。湿気を乾かして水分代謝を促進する。痰を代謝する。
注意:風邪辛味で発散させ、苦味で乾かすはやたきがあるので、舌が赤くて乾燥していたり、熱が籠もったりしている場合や、暑がりの場合は控える。

燕の巣

平性。甘味。帰肺・脾・胃・腎経。
体液成分を大いに養い、肺を潤して、咳を止めたり、肺の症状を緩和する。エネルギーを益し、消化器系を補う。
注意:肺や消化器系の熱エネルギー不足や冷えのある場合、水分代謝が悪い場合、風邪など感染症の初期には摂ってはいけない。

つるむらさき

寒性。甘・酸味。帰心・肝・脾・大腸・小腸経。
余分な熱を冷まして腸を潤し、滑りをよくする。血液の熱を冷まし、解毒し、肌を調える。
注意:妊婦や消化器系に冷えのある場合は注意する。

天草

寒性。甘・鹹味。帰肝・肺経。
余分な熱を冷まして痰を代謝し、温まると悪化する咳や痰、ある種のできものを治療する。腸内の熱をもった水分を除く。
注意:消化器系が冷えている場合や妊婦は控える。

とうがらし

熱性。辛味。帰脾・胃経。
消化器系を温め、冷えを散らしたり、冷えによる痛みを緩和する。食欲増進。外部から受けた風邪・寒さ・湿気を散らす。
注意:熱性で刺激が強いので、食べ過ぎると各種の痛み・炎症・出血を起こすので注意する。またもともと暑がりやほてりのある場合は、大量あるいは長期にわたって食べてはいけない。

とうがん

凉性。甘・淡味。帰肺・大腸・小腸・膀胱経。
水分代謝をよくして、むくみをとる。熱を冷まして解毒する。痰を切り、咳や喘息を抑える。

豆豉

寒性。辛・甘・微苦味。帰肺・胃経。
外部から受けた・熱・寒などを散らす。ほてりやのぼせを除く。

豆乳

平性。甘味。帰肺・大腸・膀胱経。
不足を補う。乾燥を潤す。肺の熱を冷まし、痰を代謝する。

豆腐

凉性。甘味。帰脾・胃・大腸経。
消化器系を補って調子を調える。胃腸のはたらきをよくして水分代謝をよくする。肺の熱を冷まして痰を切る。体液成分を生み、体を潤す。熱を冷まして解毒する。二日酔いを緩和する。
注意:食べ過ぎると、お腹の脹りや悪心が現れる。その場合はパイナップルを摂ると緩和される。

とうもろこし

平性。甘味。帰脾・胃・肺経。
消化器系を調えて、食欲増進する。水分代謝を促進する。
注意:単独で長期間摂ることは控える。芯に近い部分は消化が悪いので、胃腸が弱い場合にはこのの部分を除く。

どじょう

平性。甘味。帰肝・脾・肺経。
消化器系を補ってエネルギーを益す。余分な水分を除き、黄疸を抑えたり、止瀉する。腎を補って熱エネルギーを助け、精力を益す。

どくだみ

微寒性。辛味。帰肺経。
余分な熱を冷まして解毒する。膿を排泄する。利尿。

トマト

微寒性。甘・酸味。帰肝・脾・胃・肺経。
体液成分を生み、渇きを止めたり、熱を冷ます。消化器系を調え、消化を助ける。
注意:胃腸が冷えている場合、生食は控える。

鶏肉

温性。甘味。帰脾・胃経。
消化器系を温める。エネルギーを補う。生命の源のエネルギー(元気)を補い、骨髄や臓腑を滋養する。
注意:温める作用が強いので、暑がりの人やのぼせやすい人は、摂りすぎないようにする。特に、夏場は注意する。

鶏レバー

微温性。甘味。帰肝・腎経。
肝腎を補って目のはたらきをよくする。

豚足

平性。甘・鹹味。帰胃経。
血液を補う。乳汁分泌を促進する。腎にある生命エネルギーを填める。消化器系を健やかにする。肌や筋肉を形成する。できものの毒素の排泄を促す。

とんぶり

寒性。苦味。帰膀胱経。
熱を冷まして水分代謝をよくする。分泌物を伴う皮膚の痒みを止める。