薬膳:食品の薬膳的はたらき・ま~わ

まくわうり

寒性。甘味。帰心・胃経。
熱を冷まして、暑気あたりを改善する。ほてりを除き、渇きを抑える。熱を冷まして、小便の出をよくする。
注意:胃腸が冷えている時や下痢、お腹の脹りがある時は摂ってはいけない。

まこもだけ

寒性。甘味。帰胃・胆経。
熱を冷まして体液成分を生む。排尿を促進して水分代謝を活発にし、黄疸を軽減する。便通をよくする。乳汁分泌促進。
注意:消化器系や下半身の熱エネルギー不足による冷えや遺精のある場合は控える。

マスタード

温~熱性。辛味。帰肺・脾・胃経。
肺を温めて去痰する。代謝をよくして固まりを散らす。経絡を通して痛みを止める。胃を温めて寒さを散らす。
注意:呼吸器や皮膚の乾燥、空咳のある時は摂ってはいけない。

松の実

平・微温~温性。甘味。帰肝・肺・大腸経。
潤いを補う。潤い不足による目眩や痺れ等を抑える。肺を潤して、咳を止める。大腸を潤して蠕動運動を促進し、便通をよくする。不足を補う。
注意:潤すはたらきが強いので、軟便や下痢、痰の多い咳、遺精、滑精のある場合は摂ってはいけない。

まて貝

寒性。鹹味。帰肝・胃経。
余分な熱を冷まして体液を滋す。水分代謝をよくする。ある種のできものや塊を溶かし出す。解毒。
注意:寒性なので、消化器系が冷えている場合は、腹痛、下痢などを起こしやすいので注意する。ねぎしょうがと一緒に摂ると、冷やす性質が軽減される。洗わずに摂ると、感染症を起こす場合があるので注意する。

まながつお

温~平性。甘味。帰脾・胃経。
消化器系を建て直し、血液を養う。精を充たす。胃のエネルギーを益す。

マンゴー

凉性。甘・酸味。帰肝・脾・胃経。
体液成分を生み、渇きを抑えたり、尿の出をよくする。痰を除いて咳を止める。胃を養って吐き気を抑える。
注意:多食すると、めまい・立ちくらみなど内風の症状が出る場合があるので注意する。流行性疾患罹患後や食べ過ぎの時は摂ってはいけない。にんにくやスパイシーなものと一緒に摂ってはいけない


みかん

凉性。甘・酸味。帰肺・胃経。
代謝を促進して胃を調え、胃腸のはたらきををよくする。体液成分を生み、渇きを抑える。肺を潤す。痰を代謝して咳を止める。

みそ

寒性。鹹味。帰脾・胃・腎経。
消化器系を調和する。熱を除く。解毒。調味。

ミント

凉性。辛味。帰肝・肺経。
外部から受けたや熱を散らす。できらない熱性の発疹や蕁麻疹を出して治す。頭や目をハッキリさせる。のどの調子を調える。ストレスを発散させる。




メロン

寒性。甘味。帰心・胃経。
暑気払いし、ほてりを除く。渇きを抑えて排尿を促進する。
注意:寒凉性なので、胃腸が冷えている場合や、お腹が脹って下痢や軟便の場合は、多食してはいけない。


もち米

凉~温性。甘・鹹味。帰脾・胃・肺経。
消化器系を補いエネルギーを益す。体表を強化する。
注意:粘性が高いので小児、老人、病人など消化器系が弱っている場合は注意する。風邪など感染症の初期には摂ってはいけない。

もも

温性。甘・酸味。帰肝・胃・腎経。
潤いを養い、体液成分を生んで乾燥を潤す。血行を促進し、経絡の巡りをよくする。腸を潤して排便を促す。
注意:多食すると、消化器系に熱は籠もり、お腹が張ったり、できものができるので注意する。暑がりの人はあまり摂ってはいけない。


山羊乳

温性。甘味。帰胃・心・腎経。
体を温めて潤し、不足を補う。

やまいも

平性。甘味。帰脾・肺・腎経。
エネルギーを益し、体液成分を養う。脾・肺・腎を補う。
注意:潤すはたらきがあるので、水分代謝が悪くてお腹が脹っている場合や消化不良のある場合は摂ってはいけない。

山鳩肉

温性。甘味。帰脾・肝・腎経。
気血を滋養し、筋骨を強健にする。

やまもも

温性。甘・酸味。帰肺・胃・肝経。
体液成分を生み、渇きを止める。胃を調えて吐き気を止める。腸をひきしめて下痢を止める。
注意:多食すると水分代謝を悪くしてできものを作ったり、歯や筋肉を損なうので注意する。もともと暑がりや、血液に余分な熱が溜まっている場合は控える。


ゆず

寒性。酸・甘味。帰肺・脾・胃経。
消化器系のはたらきを促進し、食欲を増進させ、消化を助ける。酔いを覚ます。痰を代謝し、咳を止める。渇きを癒す。

ゆりね

微寒性。甘味。帰肺・心経。
肺を潤して咳を止める。心の熱を冷まして、精神を安定させる。
注意:微寒性で潤すはたらきがあるので、寒さによる咳や冷えで悪化する咳、冷えて下痢する時は摂ってはいけない。


よもぎ

温性。苦・辛味。帰肝・脾・腎経。
経絡を温めて止血する。寒さを散らして痛みを抑える。


ライチ

温性。甘・酸味。帰心・脾・肝経。
脾のエネルギーを補う。肝の血液を補う。気(エネルギー)の滞りをなくし、それによる痛みを抑える。心を補って、精神を安定させる。

羅漢果

凉性。甘味。帰脾・肺・大腸経。
肺の熱を冷まし、のどの調子を調える。余分な熱を冷まして大腸を潤し、便通をよくする。

らっきょう

温性。辛・苦味。帰肺・胃・大腸経。
熱エネルギーの巡りをよくして滞りを散らす。代謝を促進して、消化不良による胃腸の滞りを除く。
注意:胃腸虚弱で滞りのない場合や食欲不振の場合、ねぎ類に過敏な場合は摂ってはいけない。

ラード

凉性。甘味。帰脾・胃・肺・大腸経。
虚弱を補う。乾燥を潤す。解毒。調味。
注意:風邪などの感染症や下痢の時は摂ってはいけない。水分代謝が落ちている場合は多食しない。梅と一緒に摂ってはいけない


りゅうがん

温性。甘味。帰心・脾経。
心・脾を補う。エネルギー・血液を補う。

緑豆

寒性。甘味。帰心・胃経。
熱を冷まして、解毒する。暑気払い。
注意:胃腸の冷えている場合や熱エネルギー不足のある場合は控える。

緑豆もやし

寒性。甘味。帰脾・胃経。
熱を冷まして、解毒する。二宿酔いを緩和する。尿の出をよくする。
注意:胃腸の冷えている場合は、大量あるいは長期にわたって食べてはいけない。

りんご

凉性。甘・酸味。帰脾・肺経。
体液成分を生み、肺を潤す。渇きを癒す。ほてりやのぼせを除く。暑気払い。消化を促進し、酔いを覚ます。加熱したものは、下痢、おりもの、精液が漏れるのを止める。多量の生食は、便通をよくする。
注意:食べ過ぎるとお腹が脹るので注意する。胃腸が冷えている場合は摂ってはいけない。




レモン

平性。酸味。帰肺・胃経。
体液を生み渇きを止める。暑気払い。胃を整えて消化を助ける。胎児を安定させる。

れんこん

寒性、生食は寒性、加熱は温性。甘味。帰心・脾・胃経。
熱を冷まして体液成分を生む。血液の熱を冷まして、血行を促進する。脾を建て直して、胃を開き、エネルギーを益す。下痢を止める。血液を養って肌を調える。
注意:調理方法により、効能効果が異なるので注意する。熱を冷まして体液を生んだり、血行促進するには生食、消化器系を調えてエネルギーを益したり、血液を補って肌を調えるには加熱が適している。生で多食するとお腹が脹ったり、泡状の唾液や痰が出るので注意する。温かい酢を少量飲むと症状を緩和できる。


ローズティー

温性。甘・微苦味。帰肝・脾経。
代謝を促進する。ストレスを散らす。血行をよくする。

ローヤルゼリー

平性。甘・酸味。帰脾・肝経。
滋養強壮。肝を益す。脾を建て直す。病後、虚弱体質、小児の栄養不良、老人の体力低下、肝炎、高血圧、消化性潰瘍、リウマチなど外的環境で悪化する関節炎などの栄養補助。