医薬品医療機器法に基づく表示

店舗名称と所在地

  • 店舗名称:泰生堂薬局(たいせいどうやっきょく)
  • 所在地:東京都杉並区高円寺北3-3-11佐久間ビル1F

薬局外観および医薬品陳列状況

shop.jpg   ph_display.png

許可証

許可許可番号有効期限氏名名称所在地開設者
薬局開設24杉保衛薬許
第302号
平成30年4月25日有限会社大川商店泰生堂薬局東京都杉並区高円寺北
3-3-11佐久間ビル1F
武藤勝俊
薬局製剤
製造販売
24杉保衛薬許
第303号
平成30年4月25日有限会社大川商店泰生堂薬局東京都杉並区高円寺北
3-3-11佐久間ビル1F
武藤勝俊
薬局製剤
製造業
24杉保衛薬許
第304号
平成30年4月25日有限会社大川商店泰生堂薬局東京都杉並区高円寺北
3-3-11佐久間ビル1F
武藤勝俊

薬局開設者および薬局管理者

氏名資格区別勤務時間担当業務
薬局開設者武藤勝俊登録販売者私服
名札にて区別
火曜~土曜10:30~19:30
※出張等不在時あり
情報提供・販売担当
薬局管理者武藤真有美薬剤師クリーム色白衣またはエプロン
名札にて区別
火曜~土曜10:30~19:30情報提供・販売・製造担当

取り扱いのある一般用医薬品

  • 第2類医薬品
  • 指定第2類医薬品
  • 第3類医薬品

営業時間

店舗での販売

火曜~土曜 10:30~19:30
※日曜・月曜・祝日は休業致します。また年始・GW・お盆・9月に休暇を頂きます。

特定販売

火曜~土曜 10:30~19:30
※日曜・月曜・祝日は休業致します。また年始・GW・お盆・9月に休暇を頂きます。

連絡先

営業時間

火曜~土曜 10:30~19:30

相談時

火曜~土曜 10:30~19:30

緊急時

要指導医薬品および一般用医薬品の販売制度について

セルフメディケーションに利用できる薬は要指導医薬品と一般用医薬品に分類されます。更に、一般用医薬品は、リスクごとに3つに分類され、分類ごとに陳列方法、対応する専門家、情報提供の方法等が異なります。

2014_yakuji_bunrui.png

  • 要指導医薬品は、薬剤師が購入者と対面している時のみ販売できます。原則、使用者以外の者に対して販売できません。販売数量等も制限されています。
  • 第1類医薬品販売の際には薬剤師が情報提供をすることが必須とされていますが、適正に使用されると薬剤師が判断した場合はこの限りではありません。
  • 指定第2類医薬品は、薬剤師または登録販売者が、服用してはいけない人や、一緒に服用できない薬などの情報を伝えますので情報提供を受けて下さい。
  • この他、「濫用等のおそれのある医薬品」として厚生労働大臣から指定されている医薬品に関しては、販売数量等が決められるなどの制限があります。

要指導用医薬品

定義

要指導用医薬品とは、次の1~4までに掲げる医薬品(専ら動物のために使用されることが目的とされているものを除く)の内

  • その効能及び効果において人体に対する作用は著しくないもの
  • 薬剤師その他の医療関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているもの
  • 適正な使用のために薬剤師の対面による情報の提供及び薬学的知見に基づく指導が行われることが必要なもの

として厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいう。

  1. 新医薬品であって、当該申請に係る承認を受けてから厚生労働省令で定める期間を経過しないもの
    新医薬品とは、既に製造販売の承認が得られている医薬品と有効成分、分量、用法、用量、効能、効果等が明らかに異なる医薬品として、厚生労働大臣がその製造販売の承認の際指示したもの(医薬品医療機器等法 第14条の4第1項より)
  2. 1と同一性を有すると認められた医薬品であって、当該申請に係る承認を受けてから厚生労働省令で定める期間を経過しないもの
  3. 毒薬
  4. 劇薬

要指導用医薬品販売時に薬剤師が確認する項目

  1. 年齢
  2. 他の薬剤又は医薬品の使用の状況
  3. 性別
  4. 症状
  5. 4の症状に関して医師又は歯科医師の診断を受けたか否かの別及び、診断を受けたことがある場合にはその診断の内容
  6. 現に罹っている他の疾病がある場合は、その病名
  7. 妊娠しているか否かの別及び、妊娠中である場合は妊娠週数
  8. 授乳してるか否かの別
  9. 当該要指導医薬品に係る購入、譲り受け又は使用の経験の有無
  10. 調剤された薬剤又は医薬品の副作用、その他の事由によると疑われる疾病に罹ったことがあるか否かの別並びに、罹ったことがある場合はその症状、その時期、当該薬剤真野は医薬品の名称、有効成分、服用しや量及び服用の状況。
  11. その他、情報の提供及び指導を行うために確認が必要な事項

要指導用医薬品販売時に薬剤師に行う手順(平成25年12月13日制定)

  1. 購入者が使用者本人かどうかの確認
  2. 購入者及び使用者の他店からの購入状況の確認
  3. 適正な使用のために必要と思われる数量に限り販売
  4. 提供された情報及び指導を、購入者が理解し、質問がないか確認
  5. 購入者または使用者から質問があった場合は、販売前に情報提供及び指導を実施
  6. 販売した薬剤師の氏名及び薬局の連絡先の告知

個人情報について

個人情報の取得について

  • ご相談等において、お客様の個人情報を取得する際には、お客様に対して利用目的を明確にし、その目的達成に必要な限度において、適正かつ公正な手段を用います。
  • お客様にご提供頂く個人情報は以下の通りで、これらの一部または全部をご提供頂きます。
    1. 氏名(漢字・ふりがな)
    2. 郵便番号
    3. 住所
    4. 電話番号
    5. メールアドレス(PC・携帯電話)
    6. 生年月日
    7. 性別
    8. 身長
    9. 体重
    10. 職業
    11. 勤務先の商号・郵便番号・住所・電話番号
    12. 疾患名・症状
    13. 現在の心身の状態
    14. 月経・妊娠・出産・授乳等に関する事柄
    15. 医療機関での検査結果
    16. 現在服用中の医薬品・漢方薬・民間薬・健康食品
    17. 過去に使用したことのある医薬品・漢方薬・民間薬・健康食品
    18. 医薬品・漢方薬・民間薬・健康食品による副作用に関する事項
    19. 他の薬局・薬店での医薬品・漢方薬・民間薬・健康食品の購入状況
    20. 病歴
    21. 家族の病歴
    22. 上記に附随する事柄

個人情報の利用目的について

お客様によりご提供頂いた個人情報は、以下の目的にのみ利用致します。予めお客様の同意を得ない限りは、利用目的以外の目的に個人情報を利用することはありません。

  1. 漢方相談における相談及び商品の販売と、それに附随するアフターサービス
  2. DMの送付及びメルマガの配信
  3. イベント等の案内
  4. お客様からのお問い合わせの対応
  5. その他、弊社業務に附随する業務

個人情報の管理について

(有)大川商店では、個人情報保護法を遵守の上、管理・保守致します。

個人情報の第三者への提供について

法令に基づく場合を除き、予めお客様の同意を得ない限り、個人情報を第三者に提供することはありません。

個人情報の開示について

原則的に個人情報を開示することはありませんが、以下につきましては例外となります。

  1. 事前に承諾を得た場合
  2. 管轄官公庁の要求または法令に基づき開示される場合
  3. 弊社の権利や財産を保護する必要が生じた場合

医薬品による健康被害救済制度について

医薬品を適正使用したにも関わらず、副作用により入院利用が必要なほどの疾病や傷害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度です。救済の認定基準や手続きについては、以下にお問い合わせ下さい。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 救済制度相談窓口

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3丁目3番2号新霞が関ビル
TEL:0120-149-931(フリーダイヤル) ※受付時間:9:00~17:30(月曜~金曜、祝日・年末年始を除く)
http://www.pmda.go.jp/
メール:kyufu@pmda.go.jp

苦情窓口

要指導用医薬品および一般用医薬品販売制度の運用についての苦情相談は、下記窓口までご連絡下さい。

杉並保健所生活衛生課薬務課

〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-20-1
TEL:03-3391-1991 / FAX:03-3391-1926

東京都薬剤師会

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1丁目21番地
TEL:03-3294-0271 / FAX:03-3294-7359
http://www.toyaku.or.jp/