煎薬について

こちらでは、煎薬の煎れ方や服用方法についてご説明します。

煎薬の煎じ方

用意するもの

  • 蓋付きの鍋またはやかん
  • 茶漉し
  • 耐熱容器

ご注意

  • 生薬の成分によっては鉄と化学反応を起こすものがあります。鉄製のものや鉄が部分が露出しているホーローのご利用は避けて下さい。

基本の煎じ方

  1. 鍋またはやかんに袋から出した生薬と水600ccを入れて火に掛ける
  2. 沸騰してきたらとろ火にする
  3. 30分で約半量になるまで煎じる
  4. 火から下ろし、茶漉しですぐ漉す

ご注意

  • 生薬は基本的にティーバッグに入っていますが、そのままでは成分の抽出が悪いので、袋から出して煎じて下さい。
  • 花や葉などの軽いものは浮いてしまうので、箸などで沈めて煎じて下さい。
  • 葉など嵩高いものは水分を吸って煮詰まりやすく、鉱物など水分を含みにくいものは30分で半量にならないなど、生薬の形状によって異なります。始めの水の量や火加減は 、適宜加減して下さい。
  • 煎じたお薬を漉さずに放置すると、生薬が水分を吸ってしまったり、抽出した成分が生薬に逆戻りする場合があるので、必ずすぐに漉して下さい。
  • 煎じたお薬は、冷蔵庫にいれるなど高温多湿を避けて保存して下さい。
  • 煎じたお薬は、長く置くと腐ったり、成分が変化することがあるので、毎日煎じるようにして下さい。

付属がある場合の煎じ方

  • 別包(べっぽう)

    症状によって加減するものなどに用います。袋から出して、基本の生薬と一緒に普通に煎じて下さい。

  • 包煎(ほうせん)

    粒状や粉末状など形状が小さく漉しても煎液に残るものや、毛や棘などがあり服用時に不快感が出るものに用います。
    車前子・滑石・蒼耳子など
    袋から出さずに基本の生薬と一緒に普通に煎じ て下さい。

  • 先煎(さきせん)

    鉱物など成分を抽出しづらいものに用います。
    龍骨・牡蠣など
    基本の生薬に先立ち、袋から出した先煎に水約800ccを加えて約30分煎じ、そこに基本の生薬を加えて更に30分煎じ て下さい。

  • 後煎(あとせん)・後下(こうげ)

    長時間煎じることで成分を損なったり、短時間で抽出できる、芳香性成分や揮発性成分を含むものに用います。
    薄荷・蘇葉など
    基本の生薬を普通に煎じ、火を止める3?5分前に袋から出して加えて煎じて下さい。

  • 溶解(ようかい)

    ゼラチン質のもの、粘度のあるもの、飴玉状のものに用います。
    阿膠・蜂蜜・膠飴など
    【基本の煎じ方】でできあがった煎液に加えて溶か します。溶けにくい場合は、火に掛けるか電子レンジで加熱して下さい。

  • 冲服(ちゅうふく)

    煎液に溶けない成分や、煎じると成分が損なわれるものに用いる。
    青黛・大黄末・桂皮末など
    【基本の煎じ方】でできあがった煎液に加え混ぜるか、できあがった煎液で服用して下さい。

マイコン煎じ器

自分で煎じるのは面倒...、忙しくて時間がない...という方にオススメです!!!(*^_^*)/

  • 吹きこぼれや焦げ付きの心配がありません。
  • 茶漉しいらず。蓋と茶漉しが一体化してますので、できあがったそのまま濾せます。
  • 生薬に影響のない蓋・茶漉しともステンレス製です。
  • ポットはにおい移りのない耐熱ガラス製。煎薬以外に麦茶やハーブティー、健康茶にもお使い頂けます。

micon-senjiki3-1.jpg

・価格:\19,000(税別)
・電源(50Hz/60Hz):100V
・消費電力:600W
・最大可能使用水量:1000ml
・製品寸法:W200×D283×T254mm
・重量:約1.5kg(ポット:約0.7kg、ヒーター:約0.87kg)
・タイマー設定時間:最大90分
・材質:ヒーター本体 ポリプロピレン、熱板 アルミニウム、ポット 耐熱ガラス、ハンド ステンレス、ハンドル メラミン樹脂

使い方は簡単!

ポットに生薬と水を入れて蓋をし、ヒーターにセットしてモードと加熱時間を設定してスイッチオン。電子音が鳴ったらできあがり。そのまま濾して保存して下さい。

micon-senjiki3-2.jpg

煎薬の服用方法

1日2~3回に分け、食前または食間の空腹時に人肌程度に温めて服用します。

※食前:お食事の約30分前。
※食間:お食事とお食事の間。(食事中のことではありません)