煎薬および生薬の価格改定に関するお知らせとお願い

異常気象、世界経済の変化に伴い、当店では2016年6月に生薬および煎薬の価格の改定を行いましたが、その後も度重なる異常気象、世界情勢の影響により生薬の価格高騰は留まるところを知りません。この煽りを受けて、現状では一部の漢方製剤や保険調剤による煎薬は製造や調剤ができなくなっています。

前回の価格改定以降、当店では据え置き価格にて販売いたしておりましたが、このままでは煎薬のご提供が大変難しい状況となっております。

つきましては9月1日(土)より、生薬および煎薬の価格を現行の20~30%値上げさせて頂きたくお願い申し上げます。

煎薬からエキス剤、丸剤など剤形の異なる商品への変更等を希望される場合は、お気軽にご相談下さい。

尚、生薬の販売につきましては医薬品医療機器等法改正以降、一般のお客様に販売できるものが限定されております。詳しくはこちらをご覧下さい。

日本国内の経済状況を考えましても、お客様に大変なご負担をお掛けすることとなり、誠に心苦しく思って居りますが、何とぞご理解下さいますよう重ねてお願い申し上げます。