【五臓】肺の特徴

肺には次のような特徴があります。

  1. 肺主治節:肺は治節(ちせつ)を主(つかさど)る
  2. 治節とは、管理・調節という意味です。肺は主気作用によって呼吸の気と一身の気を統括しています。肺が一定のリズムで呼吸を行うことで全身の気の運動が規則正しく行われ、津液の運行が正常に行われます。つまり全身の代謝や血行は、肺が正常に機能することでうまく管理、調節されるということです。

    過労などで肺気を消耗すると、肺の主気作用が低下して一定のリズムを保つことが出来なくなるため、呼吸が乱れて息切れが現れます。全身の気血の運行のリズムも乱れるために疲労倦怠感が現れます。

  3. 肺朝百脈:肺は百脈を朝ずる
  4. 朝礼や朝廷などの言葉があるように、朝という字には集まる、向かうなどの意味があります。津液は経脈を通して全身に運搬されます。全身の経脈は全て肺に通じ、肺が大気から得た清気や、脾が飲食物から作った栄養物質を全ての臓腑、器官、組織に運搬しています。現代医学的には、肺が呼吸によって得た酸素を動脈を通して全身に循環させ、二酸化炭素を静脈から回収し、ガス交換を行っていると表現することができます。

    寒い場所に長時間いると、指先や爪、唇が青くなります。これは寒さのために肺の機能低下が起こり、栄養物質を全身に循環できなくなるために起こる現象です。

  5. 肺為華蓋:肺は華蓋(かがい)を為す
  6. 華蓋とは、昔の中国で皇帝や貴人など身分の高い人が外出する際に、ほこりや日射しを避けるために差されていた大きな傘のことをいいます。肺は人体上部に位置し、主気作用によって呼吸を調節しています。呼吸は鼻などのいわゆる呼吸器だけでなく、皮膚でも行われており、肺は体表とも密接に関係しています。

    病気の原因となる気候変化の影響を外邪(がいじゃ)または六淫(ろくいん)といいますが、これらは呼吸器や体表から人体に侵入します。いいかえれば、最初に外邪の影響を受けてくれるのが呼吸器であり、体表であって、臓腑ではこれらと関係のある肺が、華蓋のように真っ先に外邪を受けて侵入を防ぐといえます。

    肺の機能失調があると華蓋としての役目も低下するため、気温差、気圧変化、湿気や乾燥などの影響を受けやすく、ちょっとした気候変化でかぜをひいたり、めまいや頭痛が起こったりします。

  7. 肺為嬌臓:肺は嬌臓(きょうぞう)を為す
  8. 嬌とは弱々しい、華奢という意味です。肺は肺為華蓋外邪が容易に侵入しやすく、寒熱に弱い臓腑であるとともに、肺朝百脈のため、他の臓腑の病が肺に影響しやすいという特徴もあります。

    屋内と屋外の寒暖差があるとつーっと鼻水が垂れてきたり、乾燥した場所に長くいるとのどが乾燥して空咳が出ることがあります。緊張によって肝の疏泄作用が失調すると、肺の粛降作用とのバランスが崩れ、咳が出るなどの症状が現れます。このように、肺は人体外部からも内部からも影響を受けやすい弱々しい臓腑といえます。

  9. 肺為水之上源:肺は水の上源を為す
  10. 水液代謝は、主に肺、、腎、三焦、膀胱によって行われていますが、この内宣発・粛降・行水作用によって水液代謝に関与している肺は人体上部に位置しているため水の上源と表現されます。

    寒さが原因でかぜをひくと、肺が冷えて機能失調を起こします。粛降によって下降させるべき水液が肺に溢れると、鼻水となって人体上部から漏れ出るようになります。

  11. 肺為貯痰之器:肺は貯痰の器を為す
  12. 脾為生痰之源と対になるものです。痰は肺で作られるものを思われがちですが、中医学では痰を作るのは脾と考えます。脾の運化水液作用の低下によって痰が生じ、飲食物から作られた栄養物質とともに肺に運搬され、貯蔵されると考えます。痰が肺に停滞すると、痰が出たり、咳、呼吸困難、胸苦しさなどが現れます。

    お酒を飲み過ぎると痰が絡んだり、えずいたりすることがあります。これは過度の飲酒によって脾の機能失調が起こり、痰が生じて肺に停滞したために起こる症状です。

  13. 肺開竅於鼻
  14. 肺は主気作用によって呼吸の気を主ります。鼻は呼吸の出入り口であり、においを感知する機能があります。肺の機能が正常で、肺気が調和していれば、呼吸は良好で鼻も通り、嗅覚も正常に機能します。

    外気の乾燥や津液不足で肺が乾燥すると、鼻粘膜が乾燥し、鼻づまりやにおいがわからないなどの症状が現れます。肺に熱が影響すると、呼吸が荒くなったり、小鼻がピクピクしたり、あるいは肺の津液を損なって鼻粘膜の乾燥などが起こります。

  15. 肺主声
  16. のどは肺の上部と繋り、呼吸の通り道であるとともに、発声のための重要な器官でもあります。肺気が充実し、肺の機能が正常であれば、明るく、力強い声を発することができます。そのため、声は肺の状態を知るための手段のひとつになります。

    肺気が不足すると、低く弱々しい声になります。肺の乾燥では声が嗄れ、甚だしい場合には声が出なくなったりします。

  17. 肺主皮毛:肺は皮毛を主る
  18. 皮毛とは、皮膚、汗腺、体毛など体表にある組織を指します。肺は宣発作用によって栄養物質を体表に運搬し、体表の組織に潤いやハリ、ツヤを与え、汗孔の開閉をコントロールして発汗を調節し、皮膚から濁気を排泄し、また外邪の侵入を防いでいます。

    慢性疾患や老化により肺の機能が失調すると宣発作用も低下して、皮膚が乾燥してハリやツヤがなくなり、暑くないのに汗が出たり、かぜをひきやすくなったりするのはこのためです。

  19. 肺合大腸:肺は大腸に合す
  20. 五行の色体表を見ると、肺と大腸は同じ金に属していることがわかります。肺と大腸は経絡で繋がり、生理上も互いに密接に関係しています。大腸の伝導糟粕は肺の粛降作用に助けられています。

    かぜをひいて肺の粛降作用が低下すると大腸も蠕動運動が低下して便秘になったり、反対に便秘をすると呼吸が浅く感じられることがあります。また、便秘をすると大腸の濁気が経絡を通じて肺に影響するため、肺が主る皮膚にふきでものができます。

  21. 肺悪寒:肺は寒を悪(にく)む
  22. 肺は華蓋を為すため、外部の寒さを受けやすい臓腑です。寒いと皮膚が収縮して鳥肌が立ったり、血管が収縮して唇の色が青くなったりするように寒さには収斂の作用があります。肺には主気作用・宣発作用があり、全身の気の巡りの調節や、散布、発散を行っていますが、寒さの影響を受けるとこれらの作用が失調してしまいます。また肺は、脾の運化作用により作られたものが、脾の昇清作用によって運搬されますが、脾胃の熱エネルギー不足である脾胃虚寒証や、冷えた水分の病理産物である寒湿の停滞があると、人体内部から寒さが影響して肺の機能失調が起こります。

    極端に寒い場所で呼吸がしにくくなったり、寒さが原因のかぜで発汗できなくなるのは、寒さによって肺の機能が低下することによります。

  23. 肺悪燥、肺喜潤:肺は燥を悪み、潤を喜ぶ
  24. 肺は華蓋を為し、寒さ以外にも乾燥の影響を受けやすい臓腑です。肺は水の上源宣発・粛降・行水作用によって水分代謝に関与していますが、乾燥の影響を受けるとこれらの機能が失調して全身の水液代謝に影響が現れます。

    秋になって空気が乾燥してくると肺も乾燥して機能失調を起こし、のどや鼻など呼吸器やお肌や体毛など体表の乾燥、空咳、声嗄れ、痰が絡んでのどが不快、尿量減少、大便の乾燥などの症状が現れます。