五気化火:五気は火に化す

自然界には風・寒・暑・湿・燥・火(熱)の6つの気候変化があります。

中医学では、正常な気候変化を六気(ろっき)といい、過不足や季節にそぐわないものなど異常なものを六淫(ろくいん)といいます。

春は風、夏は暑と湿、秋は燥、冬は寒というように、六気にはそれぞれ対応する季節があります。暑いのが正常な夏でも酷暑になったり、反対に冷夏になったりすると、人体に影響して病を引き起こす原因となります。秋は乾燥の季節ですが、長雨が続いてじめじめするなど季節にそぐわない場合も病の原因になります。これを六淫といい、それぞれの気候変化に邪を付けて、風邪(ふうじゃ)寒邪(かんじゃ)暑邪(しょじゃ)湿邪(しつじゃ)燥邪(そうじゃ)火邪(かじゃ)または熱邪(ねつじゃ)といいます。火邪(熱邪)を除いた5つの邪気は停滞することで熱邪に変化します。

これは性質が真逆の寒邪でもよく見られる現象です。寒さによるかぜの初期症状は、悪寒、くしゃみ、サラサラで透明の鼻水などです。しかし、かぜが長引くと、いつしか悪寒はなくなり、微熱や熱っぽさ、黄色い鼻水や痰、温まると咳が出るなどの症状に変化します。これは寒邪が熱邪に変化した証拠です。寒邪を受けた場合や体が冷えた場合は、悪寒など体が冷えた症状、サラサラで透明や白色の分泌物が特徴です。反対に、熱邪を受けたり、熱の蓄積があったりする場合は、微熱などの熱症状、黄色い分泌物が見られます。初期の場合は温めて寒さを散らす葛根湯が適当ですが、熱邪に変化した痕では症状が悪化します。風邪、湿邪、燥邪などの邪気も、寒熱が異なれば治療は異なるので見極めが大事です(*^_-)b