色随気華:色(しき)は気に随って華す

色とは色や光沢、気とは臓腑のエネルギーや機能をいいます。

五臓六腑に十分なエネルギーがあって正常に機能していれば、顔色は明るく、肌にも潤いやツヤがあってふくよかです。

しかし、病気が重くなるに従って五臓のエネルギーは涸渇し、その機能も低下するため、顔色が悪く、肌もツヤを失ってカサカサし、やつれた感じになります。

中医学が発展した時代には、今のような医療機器や各種検査がなかったため、四診(ししん)と呼ばれる五感を駆使した方法で診断を行っていました。

顔色や肌色も診断アイテムのひとつです。赤ら顔は余分な熱が心に蓄積している証拠、頬だけ赤ければ体液や潤いの不足、脾のエネルギー不足や機能低下があると黄色くくすんだ肌色に、血行不良があると肌が浅黒くなったり、唇や爪が紫っぽくなったり。

顔色や肌色は毎日自分で確認することができるので、普段から健康状態のチェックに利用するといいでしょう。