用薬如用兵:薬を用いるは兵を用いるが如し

戦場では戦況に応じた作戦が重要となります。

同様に、中医学では、病状だけでなく、病人の性別や年齢、体質、季節、気候変化、生活環境など様々な条件を考慮し、その人に対して最も適切な治療を施すことが重要と考えます。

現代医学では、痛みには鎮痛剤を処方するなど、症状を重視して治療を行います。

しかし中医学では、同じ痛みでも、痛みのきっかけ、経過、痛みを悪化あるいは緩和させる条件、年齢、職業、生活など詳しく聞き出すことで原因を探り、最適な治療を施します。打撲など外傷と、血液不足など必要なものの不足が原因の痛みでは、当然使う処方は違いますし、冷やした方が楽になるものと、温めた方が軽減するものでは、正反対の処方になります。

そのために大事なのが漢方相談。漢方相談にお時間を頂くのは、お客様の状態にベストな漢方薬を選ぶためです。この他、泰生堂薬局では、お食事や生活習慣に対するアドバイスも行っております。ぜひご利用下さい(*^_^*)/