【五臓】脾の生理機能

脾には3つの大きな生理機能があります。

  1. 脾主運化
  2. 運搬生化(せいか)の2つの作用を合わせて運化(うんか)作用といいます。運化作用には、運化水穀(うんかすいこく)と運化水液(うんかすいえき)の2つの作用があります。

    運化水穀とは、飲食物から得た栄養物質を人体に必要な津液に作り変える作用で、これによって人体は養われています。

    運化水液とは、飲食物から作った津液の吸収と運搬を行う作用で、水液代謝を中心にみるとポンプのような機能といえます。

    脾は五行の土に当たりますが、万物が土の上に育まれるように、脾が正常に機能していれば、人体に必要なものを十分に作ることができ、全身を養うことができます。しかし、食餌の不摂生や過労などで脾の機能低下が起こると、食欲不振、食後の腹部膨満感や眠気などの不足による症状や、むくみ、下痢や軟便など津液の代謝低下の症状が現れます。それだけでなく、脾の機能低下は全身の栄養不足や水液代謝の低下に発展し、疲れやすい、息切れ、しゃべるのが億劫、気力が出ない、大小便の異常、めまいなどの症状も見られるようになります。

  3. 脾主昇清
  4. ここでいう清(せい)とは、人体に必要な栄養物質を指します。昇清(しょうせい)作用とは、運化によって脾で作り変えた栄養物質を人体上部に上昇させて運搬する機能で、脾より上部にあるや肺、頭、目、耳、鼻、口など上部にある臓腑や器官に栄養物質を持ち上げたり、重力に逆らって五臓六腑を定位置に保ったりしています。

    昇清作用が低下すると、めまいや立ち眩みなど上部の栄養不足の症状や、下痢や軟便や、胃下垂、脱肛、遊走腎、子宮脱など下降の症状が強く現れます。

  5. 脾主統血
  6. は血管内でしか正常の機能することができません。血液が血管から漏れ出ないようにする作用を統血(とうけつ)作用といいます。

    打撲などの外傷では患部に内出血が起こります。これは打撲の衝撃で毛細血管に破損が起こり、血管外に血液が漏れ出るためにおこる現象です。内出血した部分は血液の病理産物が停滞するため脹れや痛みが現れます。統血作用が低下すると、外傷など外部からの衝撃がなくても、鼻血、歯茎からの出血、皮下出血、血便、血尿、不正出血など出血傾向になります。