寒無犯寒:寒に寒を犯すことなかれ

中医学と現代医学の大きな違いのひとつに、季節を考えるというものがあります。

寒熱をはじめバランスを重視する中医学では、健康維持や病気の治療を行う上で、季節や気候変化、お薬や食品の寒熱はとても重要です。

足腰の痛みで整形外科を受診すると、多くの場合、寒熱や季節に関わらず炎症を抑える冷湿布が処方されます。捻挫や打撲など、明らかに患部に熱がある場合はよいのですが、冷えると悪化する、温まると楽になるという場合、冷湿布を使用すると却って症状が長引くこともあります。このような場合、中医学では温性の生薬を用いた処方やお灸など、体を温めて血行や代謝を促進して痛みを緩和する方法で治療を行います。

寒い季節や体が冷える時に、寒凉性の食品や生薬、あるいは物理的に冷やす生ものや冷たいものを摂り過ぎると、人体に必要な熱エネルギーを損ない、消化吸収、代謝、血行、抵抗力などを低下させ、心身の不調を引き起こす原因になります。

寒い季節に、青汁や夏野菜など寒凉性のものや、アイスや冷えたビールなど冷たいものを多食していると、冷え症の悪化だけでなく、かぜをひきやすい、花粉症の発症あるいは悪化、睡眠障害、うつ、PMS、ED、不妊などになることもあるので注意しましょうd( ̄- ̄;)