熱無犯熱:熱で熱を犯すことなかれ

中医学では、健康維持や病気の予防、治療の際、最も大事なことはバランスです。

特に寒熱のバランスは重要で、これを誤ることで病気の原因を作ったり、症状を悪化させてしまったりします。

夏から初秋にかけての暑い季節、温熱性の食品を多食していると、体内に余分な熱が蓄積され、熱エネルギーの異常亢進と、人体に必要なエネルギーや体液などの消耗を招きます。夏でも終日クーラーの効いた環境で過ごしたり、冷たいものや生ものの摂り過ぎで体が冷えている場合は別として、一般に暑い季節に温熱性の食品の偏食や過剰摂取はNGです。

暑い季節のスタミナアップにと、にんにく、しょうが、唐辛子、カレーなどの香辛料をふんだんに使った料理や、鶏肉、羊肉、鹿肉、えびなど熱エネルギーを補う食品をたっぷり、あるいは継続的に摂っていると、夏バテ予防どころか夏バテ、秋バテ一直線ρ^^;)熱エネルギーの異常亢進で、熱が籠もる、ほてり、のぼせ、のどが渇いて冷たいものがゴクゴク飲みたい、大汗、動悸、不眠、イライラなどの症状が、またエネルギーや体液の消耗で、疲れやすい、めまいや立ち眩み、手足の攣りやしびれ、ドライアイ、尿量減少、便秘、寝汗などの症状が現れやすくなります。

反対に、晩秋から冬にかけての寒い季節に、寒凉性の夏野菜などを多食すると、熱エネルギーを消耗し、代謝、血行、精神活動などが低下するので気を付けましょう。