五味所入:五味の入るところ

中医学や薬膳でいう五味とは、酸・苦・甘・辛・鹹(かん)の5種類の味をいいます。

酸は肝、苦は心、甘は脾、辛は肺、鹹は腎というように、五味にはそれぞれ対応する臓腑があります。五味は適度に摂取すると、対応する臓腑のはたらきをよくしますが、過剰に摂取すると却ってその臓腑を傷つけてしまいます。

酸味を例にお話ししましょう。酸味は収斂して、人体に必要なものが漏れ出るのを防ぎ、潤いを保つはたらきがあります。酸味と対応する肝には主に2つの大切な機能があります。1つは血液をストックして血流量の調節を行う機能、もう1つは消化吸収・代謝・血行・精神活動をスムーズにする機能です。

適度の酸味は血液のストックや血流量の調節に役立ちます。妊婦さんが酸っぱいものを欲しがるのは、赤ちゃんに肝血を与えるため、自身に必要な肝血のストックが少なくなり、体が自然と肝血保持にはたらくためです。

しかし酸味の過剰摂取は、収斂のし過ぎで代謝や血行を停滞させてしまいます。ストレスがある場合、酸っぱいものが欲しくなくなることがあります。ストレスのせいで代謝や血行が低下しているのに、それ以上に停滞させたくないという自然な反応です。

激しいスポーツや肉体労働、目の酷使などで肝血を損なったり、暑さや熱で体液を消耗した時には、ハチミツレモンなど酸味のあるものを摂ると回復しやすくなります(*^-^)/▽反対に、お腹の脹り、げっぷ、おなら、ため息が多い、胸や脇が詰まってスッキリしない、イライラ、落ち込みなどが強い場合には、酸味は控える要にしましょう。