【五臓】肝の生理機能

肝には2つの大きな生理機能があります。

  1. 肝主疏泄
  2. 情志活動、消化吸収、気血の運行がスムーズになるようコントロールするはたらきを疏泄(そせつ)作用といいます。

    肝は五行の木に当たり、樹木が上に伸び、外に枝葉を広げるように、のびのびとリラックスした状態を好みます。肝がリラックスした状態では、精神状態も良好で、食欲があって消化吸収も正常、代謝や血行も淀みなく行われます。しかし、ストレスや緊張、怒りなどの影響を受けると、肝は抑鬱状態になり、コントロール機能が低下して、イライラや精神抑鬱、情緒不安定など精神症状、食欲不振、胃痛、胃潰瘍など消化器系の不調、代謝低下や血行不良による動悸、息切れ、手足の冷えや震え、体の強ばり、頭痛、めまいなどの症状が現れます。

  3. 肝主蔵血
  4. レバーを調理する時には必ず血抜きを行います。このことからも判るように、肝は血を貯蔵するはたらきがあります。また肝はただ血を貯蔵するだけではなく、必要に応じて血流量の調節も行っています。この血の貯蔵と血流量の調節の2つを合わせて蔵血(ぞうけつ)作用といいます。

    血の生成には2つのルートがあります。1つは飲食物から脾や心を介したもので、全身に運ばれた余りが肝にストックされます。もう1つは腎精から作られるもので、これは肝に直接貯蔵されます。肝は貯蔵した血の血流量を管理しており、心身の状態や運動量、環境変化に合わせて調節しています。運動や作業などで身体を使ったり、精神が興奮したりすると、血流量を増やし、全身に血が巡るようにします。反対に、安静時や睡眠時など、心身が休まっている時間には血流量を落とします。気温や気圧の変化にも対応し、血圧などを安定させています。この他、女性では月経、妊娠、授乳など血を必要とする時期など必要に応じて対応しています。

    蔵血作用が正常であれば、肝が機能するための血も充分に確保でき、疏泄作用も正常に行われます。疏泄作用が正常に行われれば、蔵血作用もスムーズに行われます。