五気化火:五気は熱と化す

中医学では、自然界における風・寒・暑・湿・燥・火(熱)の6つの気候変化六気(ろっき)といいます。

春の強風や夏の酷暑など六気が過剰な場合や、冷夏や暖冬のように六気が不足した場合、あるいは空梅雨や晩秋にかけての颱風接近のように季節にそぐわない気候変化六淫(ろくいん)といいます。六淫は人体に影響し、病気を引き起こす原因となります。六淫は邪気に変化したものなので、それぞれ風邪(ふうじゃ)・寒邪(かんじゃ)・暑邪(しょじゃ)・湿邪(しつじゃ)・燥邪(そうじゃ)・火(かじゃ)または熱邪(ねつじゃ)と呼びます。

六淫にはそれぞれ異なる特徴がありますが、もともと火の性質がある火邪(熱邪)や暑邪を除いた4つの邪気も、停滞することで熱邪に変化します。

寒さが原因のかぜを例にみてみましょう。寒さが原因でかぜをひくと、最初は悪寒、発熱、くしゃみ、透明でサラサラの鼻水、身体痛などが現れます。しかし、初期の段階で治療できないでいると、悪寒はなくなり、黄色くて粘っこい鼻水や痰が出るようになり、温まると咳や痰がひどくなるなどの症状に変化します。これは寒さ、つまり寒邪が熱邪に変化したために見られる症状の変化です。邪気が熱に変化したのに、原因が寒邪ということで、ここで葛根湯など温めるかぜ薬を服用すると、却って症状が悪化するので注意しましょうd( ̄- ̄;)