臓腑学説

臓腑(ぞうふ)の機能について説いたものを臓腑学説(ぞうふがくせつ)といいます。

一般に臓腑は、五臓(ごぞう)六腑(ろっぷ)から成り、臓と腑は特徴やはたらきがそれぞれ異なります。

五臓には肝(かん)・心(しん)・脾(ひ)・肺(はい)・腎(じん)の5つが、六腑には胆(たん)・小腸(しょうちょう)・三焦(さんしょう)・胃(い)・大腸(だいちょう)・膀胱(ぼうこう)の6つがあります。経絡などで六臓六腑(ろくぞうろっぷ)という場合には、心包(しんぽう)を加えて六臓とします。

五臓は、気血津液の生成や貯蔵、循環などを行う器官で、飲食物の消化や吸収、排泄を行うことはできません。反対に六腑は、飲食物の消化、吸収や、排泄物の移動、一時的な貯蔵、排泄などはできますが、気血津液の生成や貯蔵はできません。飲食物から得られる栄養物質を中医学では水穀精微(すいこくせいび)といいます。つまり、五臓は気血津液で満たされることはあっても、水穀精微では充たされず、六腑は水穀精微で充たされることはあっても、気血津液で満たされることはありません。

五臓六腑は、その位置から上中下に分割され、上から順に上焦(じょうしょう)・中焦(ちゅうしょう)・下焦(げしょう)といいます。上焦には心・肺が、中焦には脾・胃が、下焦には肝・腎が属します。

分類臓腑
上焦心・肺
中焦脾・胃
下焦肝・腎