寒者熱之:寒はこれを熱す

ここでいう寒とは、冬の寒さや冷房などによる外界から受ける寒さ、あるいは冷たいもの、生もの、水分の摂りすぎなどで体内に停滞、蓄積した冷え、無理なダイエットや偏食、疲労、加齢、慢性疾患などによる熱エネルギーの消耗が原因の冷えなど、中医学的な病の原因となる冷えや寒さを指します。

熱とは温熱性の薬、すなわち寒さを散らしたり、体を温めたり、熱エネルギーを補ったりするはたらきがある薬のことをいいます。

寒が原因の場合、治療には必ず温熱性の薬を用いますが、寒の原因がいろいろあるように治療も原因に合わせて異なります。

例えば、冬の寒さが原因でかぜをひいた場合、寒さは呼吸器や体表から侵入します。体表にある邪気は発汗で追い出すことができるので、治療には、体表の寒さを発汗で除去する葛根湯(かっこんとう)などを用います。生ものや冷たいものの摂り過ぎでは、脾胃に寒が停滞し、冷えてお腹が痛んだり、下痢をしたりするなどの症状が現れます。この場合は、脾胃を温めて機能を改善する人参湯(にんじんとう)などを用います。

加齢などで腎の熱エネルギーが不足すると、足腰が冷えやすく、夜間尿の増加や、夜明け頃の腹痛や下痢が現れます。前の2つと異なり、この場合は自分自身の熱エネルギー不足が原因ですから、熱エネルギーを補う八味地黄丸(はちみじおうがん)や参馬補腎丸(じんばほじんがん)などで治療を行います。同じ温熱性の処方でも、このタイプに葛根湯のように余分な寒を除去するものを使用すると、熱エネルギーばかりか、汗のもとになる体液なども損ない、更なる体力の低下を招きます。

また、寒が原因の病に誤って寒凉性の薬を用いたり、熱が原因の病に温熱性の薬を用いたりすると、症状が改善されないばかりか、症状を悪化させ、場合によっては深刻な状態に陥ることもあるので注意しましょう。