【精】精の概念

精(せい)には、広義、狭義2つの概念があります。

広義の精とは、生命活動の根本物質で、組織や器官を構成する基本的物質をいい、気血津液など人体を構成する全ての物質の総称を意味します。

狭義の精とは、気の分類で説明した腎精のみを指します。腎精は別名を先天の精、先天の気あるいは元気といいますが、「先天」と冠するのには理由があります。

腎精は受精した時に両親から受け継いだ生命エネルギーです。そのため先天の気あるいは先天の精と呼ばれます。この先天の精は、発育・成長・生殖などに関与し、生命活動に欠かせないものですが、もらいものであるため有限です。

これに対し、後天の気あるいは後天の精と呼ばれるエネルギーは、飲食物から作り出される水穀精微の気や、大気中の清気が原料となり、理論上は無限と考えることができるため、「後天」と冠されます。

有限の先天の精は、無限の後天の精からただ補われているだけではありません。先天の精から作られた腎陽、つまり腎の熱エネルギーによって、脾陽、すなわち脾の熱エネルギーを温煦することで、脾のはたらきを促進しています。先天の精と後天の精は、生命活動を維持や生理活動において互いに協力しているのです。

種類別名関係する臓腑起源限度作用
先天の精腎精・元気
先天の気
両親有限発育
成長
生殖
後天の精脾気
後天の気
脾(+肺)水穀精微の気
(+大気中の清気)
無限生理活動
先天の精の補填

幼少期より虚弱、アレルギー体質、発育不全などある場合、多くは先天の精の不足が考えられます。両親、もしくはどちらか一方の腎精不足、あるいは体調不良や精神的なストレス、自覚するほどの心身の不調がなくても、常々食事や睡眠などの基本的な部分に問題があると、受精卵は先天不足になる可能性があります。

先天の精は、天癸(てんき)という生殖機能を促進・維持するものを生み出します。男性は8の倍数、女性は7の倍数ごとにその節目を迎えるといわれます。男性は数え年の16歳頃、天癸が満ちて射精できるようになり、女性は数え年の14歳頃、天癸が満ちて初潮を迎え、それぞれ生殖ができるようになります。

先天の精は有限であるため、後天の精で補っていても、年を重ねるごとに不足してきます。老化現象のほとんどは腎の主る器官に顕著に現れますが、これは腎にある先天の精が不足してくるからに他なりません。しかし、年を重ねても食欲が旺盛な人ほど先天の精の減少はゆるやかで、よく食べる人ほど年を取っても元気に過ごせます。