【気】気の作用

気には6つの作用があります。

  1. 営養作用
  2. 生命活動、生理機能を営むことができるうよう養う物質を営養物質といいます。大気中の清稀や水穀精微の気から生成した営養物質で、臓腑や経絡などを養う作用を営養(えいよう)作用といいます。営気や衛気にある作用のひとつですが、特に営気は血液の原料でもあるため、営養作用を血の作用と考え、気の作用としては省略する場合もあります。

  3. 推動作用
  4. 臓腑機能、血や津液の循環を促進する作用を推動(すいどう)作用といいます。主に宗気と関係し、呼吸、発声、心拍、血行などが正常に機能するよう作用します。

  5. 温煦作用
  6. 人体を温めて臓腑の陽気を補い、間接的に臓腑の機能を促進する作用を温煦(おんく)作用といいます。熱を生産し、体温の調節や維持、代謝や血行の促進などを行います。陽気と関連する衛気や元気にみられる作用です。

  7. 防御作用
  8. 体表を防御し、外部からの邪気の侵入を防いだり、侵入した邪気を闘争したりする作用を防御(ぼうぎょ)作用といいます。免疫力、気候変化や環境変化に対する抵抗力はこの作用によるものです。主に衛気と関係します。

  9. 固摂作用
  10. 生命活動に必要な気血津液などが、人体から失われないようにする作用を固摂(こせつ)作用といいます。血が脈外に出ないように、精が漏れないようにするなど、本来あるべき場所から必要なものが失われないようにする他、発汗調節や尿量調節も行います。衛気や元気と関係します。

  11. 気化作用
  12. 気血津液精など、人体に必要なものの生成や相互転化、循環、代謝、排泄などの生理機能を行う作用を気化(きか)作用といいます。五臓六腑の生理機能の多くはこの作用によります。