六腑以通為用:六腑は通を以て用を為す

中医学では、現代医学の内臓に当たるものを五臓六腑(ごぞうろっぷ)といいます。五臓と六腑は性質が異なり、六腑は主に消化・吸収・排泄・運搬を行います。

六腑には、胃・小腸・胆・大腸・膀胱・三焦(さんしょう)の6つがあります。口から摂取した飲食物は、まず胃が受け入れて簡単な消化を行い、下部にある小腸に下降させます。小腸は胃で消化されたものを受け入れ、胆から分泌された胆汁と混ぜて更に消化し、その中の栄養物質と滓を分別します。滓は大腸や膀胱に送られ、それぞれ大小便として排泄されます。三焦は全身を取りまとめ、生命活動の源である元気や、潤い成分や体液である津液を輸送します。因みに、小腸で分別された栄養物質は、五臓の脾に送られて人体に必要なものに作り変えられます。

六腑が通じていれば、飲食物の消化吸収や、不要なものの排泄、人体に必要なものの運搬がスムーズに行われますが、六腑の機能が停滞すると、消化不良や吸収の低下、排便や排尿の異常などが起こります。六腑の機能の停滞は、食事の不摂生や不規則な生活、ストレス、過労、加齢、気候変化、あるいは関連する五臓からの影響など、様々な原因が挙げられます。