人体の概念

中医学では、人体は気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)・精(せい)・神(しん)などから構成されると考えます。これらは臓腑、経絡(けいらく)あるいは組織器官の生理機能に必要な基本物質で、両親から受け継いだ腎精(じんせい)や、大気中の清気、飲食物から得られる水穀精微(すいこくせいび)の気などから、臓腑のはたらきによって生成、循環、貯蔵されます。

臓腑は五臓六腑ともいわれ、水穀精微の消化吸収やカスである糟粕(そうはく)の運搬・排泄を行う六腑と、気血津液を生成、循環、貯蔵する五臓に分類されます。六腑には胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦(さんしょう)があり、五臓には心・肝・脾・肺・腎があります。ほとんどの臓腑名が、現代医学で解剖学的に用いられる内臓名と一致するのは、江戸時代、オランダ語の医学書を翻訳した際に、オランダ語の内臓に当てはまる日本語がなかったため、その頃使用されていた漢方の臓腑名を、似たはたらきのある内臓に当てはめたためです。そのため、現在でも中医学や漢方を学ぶ際、混乱を招く原因になっているのも事実です。

臓腑はたらき水穀精微気血津液
五臓気血津液を生成・循環・貯蔵×
六腑水穀精微の消化吸収と糟粕の運搬・排泄×