腑輸精於臓:六腑は五臓に精を輸(おく)る

現代医学の内臓に当たるものを、中医学では五臓六腑といい、臓と腑にはそれぞれ異なる特徴があります。

臓は人体の構成成分である気・血(けつ)・津液(しんえき)を作ったり、貯蔵したりできますが、飲食物を通すことはできません。反対に腑は飲食物を通すことはできますが、人体の構成成分を作ったり、貯蔵することはできません。五臓には、肝・心・脾・肺・腎が、六腑には胆・小腸・三焦・胃・大腸・膀胱があります。

ここでいう精とは生命活動のもととなるエネルギーをいいます。人間は両親から受け継いだ生命エネルギーである腎精、大気中のエネルギー、飲食物から得たエネルギーなどで生命活動を営んでいます。中でも飲食物から得るエネルギーは重要です。

六腑は飲食物を消化し、必要なものと不要なものを分類し、不要なものを貯蔵、伝導、排泄するはたらきがあります。

例えば、胃の機能が低下すると、飲食物の消化や下降ができなくなり、消化不良や悪心、嘔吐、げっぷなどの症状が現れます。小腸の機能が低下すると、消化や必要なものとそうでないものの仕分けができなくなり、吸収や排泄に影響が洗われます。胆が胆汁を分泌してくれなければ、やはり消化はうまくいきません。大腸や膀胱が機能しなければ、大小便の排泄に問題が起こります。

六腑が飲食物を正常に消化、吸入、分別、排泄することで、五臓は人体に必要な物質を生成、貯蔵でき、生命活動が正常に営まれます。