胃強脾弱:胃は強いが脾は弱い

現代医学の内臓に当たるものを中医学では五臓六腑といい、五臓と六腑ははたらきや性質が異なります。

五臓は人体に必要な物質を作り出したり、蓄えておくことはできるものの、飲食物を消化吸収したり、通したりすることはできないもの、一方六腑は、飲食物を消化吸収したり、大小便を排泄したりするものの、人体に必要な物質を作ったり、蓄えたりはできないものです。五臓と六腑の間には密接な関係があり、それぞれ対応する臓と腑があります。

中焦と呼ばれる人体の中央には脾胃があり、脾が臓、胃が腑に当たります。胃は飲食物を受け入れ、簡単な消化を行い、下にある小腸に送り出します。脾は小腸から運ばれた飲食物の栄養物質から、人体に必要な気・血(けつ)・津液(しんえき)などの物質を作り出し、上部にある肺や頭部などにできあがった物質を持ち上げたり、それによって皮膚や肉体を補ったりしています。

例えていうなら、胃は原料を確保する場所脾は原料から製品を作る工場のような場所です。胃が強ければ原料の確保は充分にできますが、脾が弱ければ、折角原料があっても製品を作ることができません。更には、売り物になる製品はあまり作れないのに、不良在庫はたくさんできてしまいます。

食欲は旺盛なのに、ちょっと動くとすぐ疲れ、汗をかいたら退きにくく、体力がなくて、かぜなどの感染症に罹りやすい...というのは、このタイプの特徴です。不良在庫が増えれば、体格はいいのに体力がない、メタボリックシンドロームなどに発展します。

このような場合は脾の強化がポイントになります。冷たいもの、生もの、甘いものや油っこいもの、水分の摂りすぎや、過度の湿気は脾を傷つけます。また痩せたいからといって体力以上に運動したり、思い悩んだりすることも脾のストレスになり、はたらきを低下させます。特に、梅雨時や蒸し暑い夏は、外界からの湿気や、食事の不摂生で脾を傷めがちなので充分注意しましょう( ̄◇ ̄)ゞ