心主汗:心は汗を主(つかさど)る

中医学では、汗は心の液と考えます。

汗は体液のひとつですが、中医学では血液以外の液体を津液(しんえき)といいます。津液は血液の構成成分でもあるため、血中の津液が不足すると、血液は粘度が益してドロドロになり、血行不良の原因になります。

夏の暑さ、サウナや岩盤浴などによる過度の発汗、過度の運動や緊張、あるいは寝汗などで津液を消耗すると、汗としてだけでなく、血中の津液も損なわれ、血液がドロドロになって心臓や血管に負担が掛かります。これを放置すると血栓や動脈硬化、心臓病など循環器系の疾患に発展することがあります。これは心が血脈を主ることからも理解できます。

ところで、心は五行では火に属し、暑さの影響を最も受けやすい臓腑とされます。本来汗は、身体に蓄積した余分な熱を発散し、体温を調節するために出るもので、心が受けた暑さの影響を除くために発汗が起こります。熱中症では、大汗の他、発熱、動悸、だるさ、ひどい場合には意識混濁などの症状が出ます。大汗により、心の津液、血液、また気と呼ばれるエネルギーも損なわれるため、潤い不足以外にいろいろな症状が現れます。

外が暑い場合や、体が温まり過ぎた時には、発汗で体温調節をすることが正常な反応ですが、そのためには適度な水分補給や、うめ、レモン、はちみつ、氷砂糖など津液を補う食品を摂るようにすると、血液を健康な状態に保ち、心に負担を掛けないで、発汗することができます。運動にはスポーツドリンクやはちみつレモン、暑い時期のお出掛けには、梅干しや氷砂糖を持って出ると、いざという時に役立ちます(*^_-)b