心主血脉:心は血脉を主(つかさど)る

中医学でも現代医学同様、心は血液、血管、血液循環と密接な関係があると考えます。

中医学では、現代医学の血液にあたるものを血といい、脉内つまり血管内を流れる赤い色をした液体で、人体を構成し、生命活動の維持を行っていると考え、現代医学の血液とほぼ同じと考えることができます。ただひとつ異なるのは、中医学でいう血は、身体だけでなく精神も養うとされる点ですが、これについてはまだ別の機会に詳しくお話ししましょう。

血の大部分は飲食物から作られますが、飲食物を原料とする血は、心に到達して心のはたらきによってはじめて赤く色づき、血としてはたらく能力を得ます。心拍や脈拍が規則正しいリズムを取り、全身くまなくスムーズに血液が流れるには、また心のはたらきが不可欠となります。心のはたらきが低下すると、健康な血液が作られず、体に対する絶対量の不足や、貧血のような症状が見られる血虚証や、血流が低下して血行不良を起こしたり、血液がドロドロになったりする血お証になる可能性があります。この他、蔵血作用がある肝など他の臓腑にも影響が及ぶことがあります。

顔色がよくない、動悸、息切れ、胸苦しい、不整脈、不眠、不安感、物忘れなどの症状が見られたら、心のバランスが崩れているかも...!d( ̄- ̄;)