中医診断学

中医診断学(ちゅういしんだんがく)とは、中医基礎に基づく疾病の鑑別方法を学ぶ学問です。

疾病を鑑別するには、患者の訴えの他に専門的な判断基準が必要です。現代医学・西洋医学では、血液検査や尿検査などの生化学検査や、組織を取って見る病理検査、レントゲンやMRIなどを用いた機器による検査などを行いますが、中医学では主に 、四診(ししん)といわれる方法を用いて診断を行います。

人体は一人ひとり違いますから、個人の心身の状態を弁証論治に基づき、八綱・気血津液・臓腑・経絡など詳細にチェックします。また中医基礎:整体性で学んだように、人体と自然界は互いに影響しあっていると考えるため、外的環境が人体に与えた影響も考慮します。これら全ての情報を総合的にみて、最終的に疾病の鑑別を行います。これを四診合参(ししんごうさん)といい、中医学の診断ではとても重要とされます。

ここでは、四診のポイントを大まかに説明してゆきます。

四診概論

四診(ししん)とは、望診(ぼうしん)、聞診(ぶんしん)、切診(せっしん)、問診(もんしん)の4つの診察方法の総称で、疾病の鑑別の基本であり、最も重要なものです。四診に五官を駆使し、人体の全体または局所的な変化を確認します。これらを総合して判断することにより、より客観的に疾病を診ることができます。