中医基礎

中医学(ちゅういがく)とは、古代中国における哲学、あるいは宇宙観を説く陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)を基礎とした中国伝統医学をいいます。中医学には二千有余年の歴史があり、現代医学とは理論も治療も大きく異なります。

中医学には、人体を構成する気血津液や、現代医学の内臓に当たる五臓六腑のはたらきに関する生理学、病気の原因やメカニズムに関する病理学などの基礎理論はじめ、診断方法や病気の識別方法などに関する診断学、治療に関する各種理論などがあり、現代医学に引けを取らない理論体系が確立されています。

中医学と現代医学には3つの大きな違いがあります。

1つめは未病(みびょう)という概念。未病とは中医学的に見て病気になる前のバランスの崩れた状態をいいます。一般にいわれる「病気ではないけれども体調が優れない状態」というのは、中医学的には誤った解釈で、この状態は中医学では既に病気と判断します。中医学は未病を予防することで健康を保つ、予防医学の側面が大きいのが特徴のひとつです。

2つめは個人を診るということ。現代医学では、年齢や性別などある程度の差異は考慮しますが、成人すれば必要な栄養素、検査値等はほとんど一定と考えます。しかし、ひとりひとりの性格が異なるように、中医学では身体や精神の状態も異なると考え、同じ病気であっても、診断や治療は人によって違うのが当たり前です。また生活習慣や環境、気候変化などによっても変化するため、中医学では同じ治療方法や服薬を長期間続けることはありません。

3つめはマクロの目で診るということ。現代医学では細胞レベル、分子レベルのミクロの世界を極めることで、病気を研究し、治療を行いますが、中医学では人体の構成成分のバランスや、臓腑間の関係、外的要因との関連など、個人の内外を俯瞰でみて診断、治療を行います。

治療には、薬・鍼・灸・推拿・気功・薬膳など様々な方法がありますが、ここでは全ての基礎になる理論について、解りやすく説明してゆきます。

【五臓】肺の特徴

肺には次のような特徴があります。

【五臓】肺の生理機能

肺には4つの大きな生理機能があります。

【五臓】脾の特徴

脾には次のような特徴があります。

【五臓】脾の生理機能

脾には3つの大きな生理機能があります。

【五臓】心の特徴

心には次のような特徴があります。

【五臓】心の生理機能

心には2つの大きな生理機能があります。

【五臓】肝の特徴

肝には次のような特徴があります。

【五臓】肝の生理機能

肝には2つの大きな生理機能があります。

【六腑】六腑のはたらき

六腑は口から取り入れた飲食物を消化、吸収して、人体にとっての栄養物質である水穀精微(すいこくせいび)と不要なかすの分別を行い、かすを体外に排泄する役割を担っています。

臓腑学説

臓腑(ぞうふ)の機能について説いたものを臓腑学説(ぞうふがくせつ)といいます。

気血津液の相互関係

気血津液の間には密接な関係があり、いろいろな形で関与しあっています。

【神】神の生成

神は精と密接な関係があります。

【神】神の概念

神(しん)には、広義、狭義2つの概念があります。

【精】精の生成

精の生成には、腎、脾、肝の3つの臓腑が関係しています。

【精】精の概念

精(せい)には、広義、狭義2つの概念があります。

【血】血の生成と循行

血の生成には次の2つがあり、主に脾、心、肝、腎の4つの臓腑が関係してます。

【血】血の概念・作用

血(けつ)とは、脈中を流れる赤い液体で、人体を構成し、生命活動を維持する基本物質と考えられ、現代医学でいう血液とよく似ています。

【津液】津液の生成と循行

津液の生成、循行には、主に三焦(さんしょう)膀胱の5つの臓腑が関係してます。

【津液】津液の概念・種類・作用

津液(しんえき)とは、血の構成成分のひとつであり、また血以外の正常な体液成分の総称でもあります。

【気】気の運動

気の運動の基本は昇降出入(しょうこうしゅつにゅう)です。

【気】気の作用

気には6つの作用があります。

【気】気の分類

気の分類には、大きく分けて2つの分類があります。1つは先天の気と後天の気の2つに分類する法方、もう1つは宗気、営気、衛気、元気の4つに分類する法方です。

【気】気の概念

気(き)には、広義、狭義2つの概念があります。

気血津液学説

気血津液(きけつしんえき)の生成、循環、代謝および生理機能について説いたものを気血津液学説(きけつしんえきがくせつ)といいます。
 

人体の概念

中医学では、人体は気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)・精(せい)・神(しん)などから構成されると考えます。これらは臓腑、経絡(けいらく)あるいは組織器官の生理機能に必要な基本物質で、両親から受け継いだ腎精(じんせい)や、大気中の清気、飲食物から得られる水穀精微(すいこくせいび)の気などから、臓腑のはたらきによって生成、循環、貯蔵されます。